Archives

Linux Mint 19 Taraで、x11vncを使って、VNC接続をする方法。

[crayon]
# apt-get install x11vnc xinetd
# exit
$ x11vnc -storepasswd(パスワードをセットする)
$ sudo su
# vi /etc/xinetd.d/x11vnc
——————————————————————————————————————-
service x11vnc
{
port = 5900
type = UNLISTED
socket_type = stream
protocol = tcp
wait = no
user = root
server = /usr/bin/x11vnc
server_args = -inetd -o /var/log/x11vnc.log -display :0 -auth /var/run/lightdm/root/:0 -rfbauth /home/USERDIR/.vnc/passwd -forever
disable = no
}
——————————————————————————————————————-
# vi /etc/services
——————————————————————————————————————-
x11vnc          5900/tcp                        # VNC server(最下行に付け足す)
——————————————————————————————————————-
# /etc/init.d/xinetd restart
[/crayon]

Linux Mint 19 Taraでは、lightdmが使われているので、このように設定します。
Port番号の5900番は変えられます。Port空けなど、ご自分でやってくださいね。
それでは、ごきげんよう!

ラズパイ・Raspbian 8.0 (jessie)で、x11vncを使って、VNC接続をする。

このラズパイでは、lightdmを使っているので、そのように設定します。

下記の「USERDIR」の所は、各々、適宜設定して下さい。

[crayon]
$ sudo apt-get install x11vnc xinetd
$ x11vnc -storepasswd(x11vncのパスワードを入力する。)
$ sudo vi /etc/xinetd.d/x11vnc

service x11vnc
{
type = UNLISTED
disable = no
socket_type = stream
protocol = tcp
wait = no
user = root
server = /usr/bin/x11vnc
server_args = -inetd -o /var/log/x11vnc.log -display :0 -forever -rfbauth /home/USERDIR/.vnc/passwd -forever -auth /var/run/lightdm/root/:0
port = 5900
flags = IPv6
}

$ sudo vi /etc/services
———————————————————————-
x11vnc      5900/tcp              # VNC Server(最下部に追加する。)
———————————————————————-

$ sudo /etc/init.d/xinetd restart
[/crayon]

後は、ufwやiptablesを設定している人は、5900番のポートを開けてください。

そうすると、x11vncで、接続できると思います。

この場合には、例として5900番ポートでしたが、適切なポートを指定すれば、好きなポート番号でVNC接続できます。