Linux Mint 13 Mayaにapache2と、mysqlと、phpをインストールする方法。

で、apache2とmysqlはインストールされます。
既にバージョンは古めですが、PHP5.2.10をインストールする方法は、次の通りです。

http://thanks.linuxparadise.net/modules/d3downloads/index.php?page=singlefile&cid=2&lid=3

から、karmic.listと、php52.txtをダウンロードする。

/etc/apt/sources.list.d/

に、karmic.listを入れて(ファイル名を”karmic.list”にし、このファイルをダウンロードしてご利用ください。上記サイトと内容は一緒です。)

/etc/apt/preferences.d/

に、php52.txtを入れて(ファイル名を”php52″にし、このファイルをダウンロードしてご利用ください。上記サイトと内容は一緒です。)

そして、下記を実行します。

これで、PHP5.2.10がインストールされます。
PHP5.4.23をインストールする方法は、少し違います。OSがLinux Mint 13 Mayaの場合には、次の通りにします。

これで、おk。私の場合には、eAcceleratorがインストールされているので、その表示もされます。PHP5.4.23用の、eAcceleratorのインストール方法は、

http://linuxparadise.net/?p=74 です。

apache2の細かい設定などは省略します。しかしながら、この基本のapache2、mysql、PHP5.2.10またはPHP5.4.23がインストールされていれば、XOOPSもWORDPRESSも動くはずですよ。

お試しあれ。

Linux Mint 13 MayaでのMRTGの動かし方。

MRTG Index Page2MRTGというのは、右図のようなグラフ表示をさせる、プログラムです。右図で解ります通り、

光ファイバーのトラフィック、CPU使用率、空きメモリ量、SSD(HDD)の使用量、CPU温度、SSD(HDD)温度などが調べられて、それをcronで5分置きにグラフが更新される仕組みです。

何が重要かと言いますと、このグラフを見ることによって、サーバーがアタックを受けているとか、サーバーがダウンしているかな? とか、サーバーダウンしそうかな? などと憶測を交えて、推測することが出来ることが大切なのです。

これと、同じような物に、MUNINがありますが、MUNINの方が大変楽にグラフを沢山作ります。

MRTGは設定がややこしいなぁと言う方も大勢でしょう。

パパッとやってしまいますよ。

これで、五分置きに、MRTGのグラフが変わっていたら、成功です。お疲れ様でした。

Linux Mintと、解脱会という宗教の関係について。

GUM10_CL03069私は、解脱会という教団の、宗教を学んでいる者です。私の家族は、祖母の代から、そうでありまして、代々解脱会を学ぶ者が、成長していけばいいなぁと思いますよ。

そして、Linux Mintは、その解脱会研究という私の方で管理、更新、運営をしているホームページのサーバーが、Linux Mintだということで、実際には、私はLinux Mintの勉強をしながら、解脱会の、宗教の学びもしていくというスタンスを取っておりますよ。

私は、宗教に抵抗感があるのですが、という方は、日本であれば、伊勢神宮にいらっしゃいます天照大神様をご存じじゃない人は、まず少数でしょうと思います。その、伊勢神宮を、解脱会は三聖地の一つとして、とても大切にしておりまして、毎年四月には、解脱会の行事で、会員さんが沢山参拝しております。

日本の安心と成長を司っているのは、天照大神様始め、解脱会の神々だって、日本を大切にし、安心と成長をこの国土に住む人々に与え続けて、沢山の日本人を育て上げました。

私は、Linux Mintも学びたいし、応援がしたいのです。そして、同時に、解脱会の勉強も、進めていきたいのでありますよ。

そう、ただ学んで、ブログなどで情報発信し、みんなと、分かち合いたいのであります。それが、私の幸せであります。

どうか、今後とも、宜しくお願いします。

Linux Mint 13 Mayaでの、ストリーミングサーバーなどの機能を持つ、Red5のインストール方法。

Red5の機能は、参考サイトのコピペですが、下記のような物です。

  • 音声ファイル(MP3, AAC, M4A)や動画ファイル(FLV,F4V,MP4)のストリーミング配信
  • Webカメラなどからのストリーミング映像を録画する
  • 複数のクライアント間で共有できるオブジェクト(SharedObject)をサポート
  • 映像や音声などのライブ映像をリアルタイムに配信する
  • クライアントサイドからサーバーサイドのメソッド呼び出し
  • サーバサイドからクライアントサイドのメソッド呼び出しも可能であり、これによりプッシュ型のアプリケーションも実現可能

※red5用のPortは5080(TCP)と、1935(TCP)なので、ufw,iptables等で開けておきます。

自宅サーバーのアドレスがhttp://linuxparadise.netとします。Red5の画面を出す場合には、red5.shを実行してから、しばらく置いて、http://linuxparadise.net:5080にアクセスします。

red5-2

 

If you prefer to jump right in, follow these steps:

を選択し、次の画面を表示する。

OFLA

OFLA Demoをインストールします。

前の画面に戻って、

を選択します。

classicdemoOFLA DemoのClassic Demoを選択します。

red5 ofla

  1. localhostの部分を、linuxgreen.linuxparadise.netに書き換えます。
  2. 「connect」を押します。
  3. Demo画面を選択し、再生させます。

ここでのメニューに表示させる音声や動画は、

にデータを配置すれば、メニューに現われて、再生することが出来ます。

また、Red5を停止させたい場合には、

を実行する。

参考:http://gendosu.jp/archives/1135

eAcceleratorをGitHubのコマンドを使ってダウンロードする方法。

私は、このGitHubというのが、あまり理解できていなかった。そう、未だに意味不明で、使ったことがあまりないなぁと言う感じ。
しかし、高度な知識の集積だろうなぁと思って居ります。確か、Linuxのカーネルも、このGitHubを使って組み立てられていると聞いたことがありますよ。

さて、このGitHubですが、私は、下記のeAcceleratorのGitHubサイトから、GitHubの「git」コマンドを使って、GitHubで管理されているファイルをダウンロードしてみようと、試みましたよ。
次のようにすれば、前述のeAcceleratorのGitHubのサイトから最新バージョンをダウンロードできます。

eAcceleratorのGitHubサイトは下記の通り。
https://github.com/eaccelerator/eaccelerator

github

赤い枠の所に拡張子が「.git」のありかが書いてあります。それをクリップボードにコピーします。
次に、Linuxのコマンドで、viエディターをおもむろに開き、次のようにします。

こちらのやり方の方が、前述の方法よりも、スマートですね!(^ω^)
ちなみに、GitHubの読み方ですが、「ギットハブ」が正しいらしいですよ。

参考:http://kometchtech.blog45.fc2.com/blog-entry-960.html
参考:http://blog.glasses-factory.net/2011/04/14/github

PHP5.4.23用の最新のeAcceleratorをインストールする方法。

https://github.com/eaccelerator/eaccelerator
にアクセスし、下記の図を参考にし、eAcceleratorのMasterをダウンロードする。

eaccelerator

これを解凍しインストールします。

参考:http://www.uetyi.mydns.jp/wordpress/linux-server/entry-437.html

Linux Mint 13 Mayaに、PHP5.4.23をインストールし、WORDPRESS,XOOPSを動かしてます。

GUM08_CL04326今日は、PHP5.4.23をインストールしました。

今までは、PHP5.2.10だったのですから、PHP5.3バージョンを飛び級で、PHPのバージョンが上がりましたよ♪

さて、このPHP5.4.23ですが、WORDPRESSは、何も問題なく、今の所動いてます。

問題はXOOPSですね。XOOPSの場合、デバッグモードで「PHPデバッグ」モードにしていると、XOOPSが色々とエラーを吐きます。

更に、php.iniで「display_errors = On」にしていると、更にエラーを吐きます。

だから、ハイハイ。エラーがあるのは解りました。もういいよ。というときには、「PHPデバッグ」モードを「オフ」にして、

php.iniの「display_errors = Off」にすれば、エラーを吐きません。

実際にはエラーがあるのですが、隠れます。

Warningのエラーばかりなので、今回は大目に見てやって下さい! ダンナ。

それから、マジッククオートは、PHP5.4では削除された模様です。

そして、私の場合、PHP5.4にしたら、PHPのサイトを表示させようとすると、PHPのファイルのダウンロード画面になってしまって、大変困りました。

AddTypeやAddHandlerの設定ではないと段々解ってきて、次の箇所を変えたら途端にPHPがしっかりとサーバーで動いてくれました。

XOOPSの画面が真っ白になってしまったら、頭も真っ白になりますね。私のサイトも二箇所、真っ白になりました。
そこで、焦らずに、次のサイトを見てみましょう。下記のサイトが大変参考になりました。

http://xoops-manual.net/modules/smartsection/item.php?itemid=17

となって、私はうほほい。これで、WORDPRESSもXOOPSも安心パパでしばらく継続して使い続けることが出来ると、大変嬉しくなりました♪

clamavのバージョンが0.97.8で、自動的に0.98にアップデートされないですね。

と、root宛にメールが来ましたよ。毎度の事ながら、何時も手こずる感じ。

なるほどとなる。

とすると、clamavのバージョンは、下記の通り。

どうして、自動的にアップデートされないのであろうか? と思って、色々と試したり、調べましたが、結局、下記のような記事を見つけました。

https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=15757

つまりは、まだ、パッケージが出来ていない模様ですね。

ppaで設定しても、clamavはアップデートされませんね。

ソースからインストールするのも、勉強になるかも知れませんが、まぁ、Don’t Panic! ということだし、私もしばらく待ってみることにしますよ。

私待つわ。

by 岡村孝子・・・?
   いやちがう。”あみん”だね。

MUNINをLinux Mint 13 Mayaにインストールする方法。

MUNINとは、システムのグラフ表示をさせる物です。5分置きにグラフが追加されていきます。
例えば、私の自宅サーバーでは、MUNINを公開しております。当サーバーのMUNINのグラフは下記のURLからどうぞ。

http://linuxparadise.net/munin/

私の記憶では、こんな感じで、MUNINが動きましたよ!(^ω^)

MUNINのグラフが出来上がると、おおっ! (^ω^ ≡ ^ω^)おっおっおっ。となります。

もし出来なかったら、グーグル先生に聞きながら、再チャレンジ! もう一度、やってみましょう。

参考:http://itfun.jp/2010/06/ubuntu-servermunin.html

私が、Linux Mintをインストールした際に、最初にすること。

スクショ

私は、Linux Mintをインストールした際に、まず何をするか? USBメモリーを32GB、64GBを装着します。更に、本体のSDカード差し込み口に、SDカード32GBを装着します。

そして、”blkid”コマンドで、それぞれのメディアのUUIDを調べ、それを、”/etc/fstab”に書き込んで、自動的にマウントするようにします。

さらに、

などとして、ラジオの放送を聴くツールと、Macメニューもどきと、Dropboxをインストールします。

これが、私がLinux Mintをインストールした際に、最初にすることです。

更に進んでは、VNCをインストールします。私は、x11vncをお勧めします。

で、インストールが可能です。

apt-get updateが上手く行きました。

GUM11_CL13001私の場合、php5.2を利用しておりますので、

/etc/apt/sources.list.d/

に、karmic.listを入れて

/etc/apt/preferences.d/

に、php52.txtを入れてファイル名をphp52にし、apt-get updateします。

その後に、

apt-get install php5 php5-common php5-gd php5-cli php5-curl php5-dev php5-mysql php5-mcrypt php-pear

とやると、php5.2.10が自動的にインストールされます。

これで、XOOPSやWORDPRESSのPHPはおkです!(^ω^)

何か、上記のkarmic.listがおかしいなと直感で思ったので、調べてみると、なにやら、そこにコピーしたkarmic.listと内容が少々付け足されていました。

それが原因と思って、もう一度、karmic.listの、元のデータを/etc/apt/sources.list.d/にコピーし

apt-get update

をしました。すると上手く行きましたよ!

Linux Mintサーバーに、Red5もインストールし、動作は完璧です。

red5Red5というのは、動画や音声のデータを、ストリーミング放送が出来ますよ。

Javaで動いているみたいです。

参考にしたサイトは、

http://gendosu.jp/archives/1135

です。有り難うございました。

その他にも見てみないと、右図のようなサイトは出来ませんが、その辺は以前の知識として、体で覚えていましたので、出来ましたよ!

私の作った、Red5サーバーは、

http://linuxparadise.net:5080

です。

そして、いきなり、私の話と、私の太った顔が出てきますが、お楽しみに。

使い方は、

http://gedatsu.jp/uploads/fckeditor/uid000001_20130829145549c8d3c946726564352D332E706E67.png

です。あーこれで、完璧に移植できました。移植作業は楽しかったなぁ。

またやろ!